屋根うら王国
たむら純子OfficialSite

English Version   这边中文版   한국어

カテゴリー
+お仕事なお話(176)
+お知らせなお話(25)
+同人誌なお話(36)
+ゲームなお話(31)
+つぶやきなお話(107)
関西ローカル的つぶやきなお話(8)
+リンクなお話(3)
+お料理なお話(2)





blogram投票ボタン




君主公式サイト
蒼空のフロンティア
大航海時代オンライン公式サイト
マイバースデイ
画力向上ガイド
J.A.C

コミックルーム[WEB漫画検索サイト]
GC ゲーム派ドットコム(GAMEHA.COM)
サーファーズパラダイス
サーパラマーケット
創作検索ぴあすねっとNAVI

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

シゴトモード・・・でも今日も見よう。
12.gif
ああああ、まだ仕事中です〜〜〜〜><

夏コミの用意がまだできません〜><
とりあえず、新刊1冊と、カンバッチ2種と、下敷きはOK。あとは去年の夏1回しか売ってないROMと在庫 。準備できないからホテル送りだな〜(><

んで、話かわって。
昨日の夜「はだしのゲン」を見ました。
昔よく読んだのでどんなドラマになっているのかと気になったので。
修学旅行で見た「階段の影の石」がでてました。あの石はいまでもすごく印象に残っています。
その場所にそのとき人がいたんだって。
「私はここにいたんだ。」と記憶しているんです。
姿形は7000度もの高熱と爆風で一瞬で吹き飛んでしまっても。
何が起こったかわからないまま亡くなっていった人たち。

「戦争を知らない。」それは私も同じ。でも。「8月6日に何があったか知らない。という子供たちが増えている」と、ニュースでやっていました。そういう子は原爆の怖さもきっと想像もししいへんのやろうな・・・。

それではあかんのやけどね・・・。

 今の、修学旅行からもはずされることが多くなってきていると言うヒロシマ・ナガサキ。原爆ドームをみるだけでも価値はあると思う。
漫画世代の子供たちに戦争の怖さ、原爆の怖さを伝える手段としても「はだしのゲン」は今の小中学生にとても読んでもらいたいと思うです。現実はそんなもんじゃなかったはずだけど。せめて。
「これは想像の世界じゃなくて、本当にあったことなんやで!」てそこんとこをちゃんと伝えて。

今こうしている中でも戦争は起こっています。無くならない・・・。争いごとが。

私は平和な日本に生まれてよかったてすごく思います。





けど、社保庁!なんとかしろ〜><ひどすぎ〜〜〜。
政治家の年金どうにかしろ〜〜〜!
 http://yaneura.cocot.jp/blog/archive_61.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)+つぶやきなお話
コメント
名前
メールアドレス
URL
本文
コメント一覧
トラックバック一覧

+お仕事・感想常時
募集中です(^▽^)ノ
(連絡フォーム)


たむら純子関連のコミックス・文庫など
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
ブログ内検索

人気ブログランキング - 屋根うら王国